夏山はジャングル

とある年に描きとめた、山の観察絵日記です。
緑に囲まれて暮らしていると、その栄枯盛衰の様子が面白く、今まで持っていなかった印象や季節感を得られたりします。

(画像はすべてクリックで拡大します)


 
 
初夏に入ると、周りの小さな世界が急に、ぐんぐんと勢いを増しました。
 

 



草花、木の葉、蔓、苔。
わさわさ、わさわさ。

 
 


 
 
 
そののびること、のびること。
 
先を争うように、ひたすら上へ下へ、縦へ、横へ。
攻め入るように、空いているところはどこへでも。



全て、呑み尽くすばかり。
貪欲な季節です。

「深い山」という表現がありますが、この頃の山は、まるでこんな風に「深くなった」ように見えました。



海で浅瀬から沖へと底が深くなるみたいに、山も地中へ向けて、底が深くなったような。
いつも自分が地面から見上げてばかりいるから、そんな風に思ったのかもしれません。


深くなった山は、まるでジャングルのように見えます。
 
 
 

 
 
 
 
山全体が生命力の塊になって、
 

ぐんぐん、ぐんぐん、
どんどん、どんどん、 
どこまでも。

 
 

 
 
そのうち、雨が降って、
夏が来ました。
 

 
 
暑い夏です。

それまでぐんぐん動いていた山の景色は、太陽の下でぴたっと貼り付けられたように、動かなくなりました。


 
 

 
夏の景色の中、 


 
 
 
 
 
たくさんの昼と夜が過ぎ、

 
ある朝、ふと気が付くと、周りの様子がまた変わっていました。
 

 

 
 

 
 

動いてる。

日の光が、きらきら揺れている。
風がさわーっと、通ってくる。

もう何も、貼り付けられていない。
 
 
 

 
 
 


 
 
 
秋が、始まりかけていました。
 
 
 
 


秋になると日の光が、今度は山のあちこちに差し込んできます。
緑の季節は身を潜め、今度はまた違うものが活気づいてきます。

その季節の記録は、また次の機会に。

(2022年6月)

コメント

タイトルとURLをコピーしました