こねた群

小ネタであったり、子ネタであったり。
記事を割くまでもない我が家の日常風景たちを、一つにまとめました。
※ これに伴って、記事をいくつか削除しました。ご了承ください。
※ 今後も落書き(特に子どもに関するもの)はこちらにまとめていく予定です。


上から時系列に並べています。最下部が、最近の落書きです。

助けてヒーロー(2020年7月)

とかいところの「とかさ」が、もーやんだくなっちゃったある日。
我が家のボケ担当・いちひめにちょっと救われた、ある日。





今でも家中にひっそり鎮座してる。あ○みちゃん。

2週間の進化(2020年7月)

きりない。

 

…ところからの、(ちょっとだけ)自立。

0~1歳までの日々の変化の幅って、計り知れないくらい大きいですね。
という話。

それぞれの思い(2021年5月)

思わず漏れたらしい、4歳児の本音。

 

なんだきみは。
モデル志望なのか。そうなのか。

午前四時のおせんべい(2021年8月)

だんなさん不在中、重なるにたろうの体調不良と、不安と寝不足と。
ワンオペつらいのだけど、ワンオペだからこそ、子どもが癒しであり救いでもあり。
そんなひと時がありました。

がんばったね。
がんばってるね。
ありがと、みんな。

いちひめ先生(2021年8月)

子どもと自分だけの時間が延々と続き、イライラ、ピリピリ最高潮。
そんな時、娘がふと教えてくれたこと。

この一言で、ずいぶん張り詰めてた気が抜けました。
うん。
命に関わることでないことは、全部「だいじょーぶ」だな。
ワンオペ期間のひそかな影の立役者、いちひめです。

ある日の姉弟たち(2021年8月)

 


三輪車で、二人乗りってできるんだね。
と初めて知った日。


ボー!と扇風機に向かって絶叫する。
ただそれを無心に行う、それだけのひと時。

かわいい呪い(2021年8月)

※ 右から左へお読みください。

ちょうど10ヶ月頃から1歳3ヶ月くらいの時期でしょうか。
ほとんど条件反射で、うきうきと身体を動かしていました。

その率直さ、素直さ。
めんこくて、めんこくて。

お盆のつれづれ(2021年8月)

お盆という期間に思ったことを、形にしてみようと思いました。




ご先祖さんを祀る、ということが昔はぴんと来なかったのですが、子どもが生まれて、その中に色々な身内の面影を見つけるようになりました。
ということは、自分の中にもいつか誰かのピースが残っていて、今に連なっているのかもしれない。
そう思うとなるほど、ありがたいし、かけがえがないような感じもします。


故人を偲ぶといえば、我が家の裏の山中にお墓があります。
いつもいい景色の場所に眠ってらっしゃるな、と思っていたのですが、それは誰かが今もきれいにお参りしているからかもしれない、とふと思いました。
誰かが今も、埋葬された人のこと、その人が居たことを確かに覚えている。
気持ちを注いでいる。
そんな痕跡が見えるからこそ、私の目には「いい場所」だと認識されているのかもしれないな、と。


そんなことや亡くなった人のことをぼんやり考えつつ、スーパーに行ったら、見知らぬおばあちゃんに声をかけられました。
にたろうと同じくらいの孫がいるのだけど、コロナで会えないとか。
にたろうを見るまなざしの柔らかさが、妙に印象に残りました。

会いたいね。
元々帰省の時期と思っていると、会えないと逆にさみしさが、つのるよね…。

そう思う一方で、それでも家族が皆、元気。
会えなくても、どこかでちゃんと、息災でいる。
これってやっぱり、しみじみ嬉しいことなんだよな。
もう会えない人たちのことを考えると、自然に生きてるだけでよかったなあと思えてくる、お盆という季節。
騒ぎ立てる子どもたちに閉口しつつも、改めてそんな風に思った帰り道でした。

(そんな気持ちで描いた絵に、いちひめが色をつけてくれたのが、上の一枚です)





おまけ。
スーパーで子ども2人乗れるカートが導入されており、地味に感激した、という一枚。
ただし子どもはアトラクション気分らしく、とてつもなくハイテンションになります。
沈静化に、やや手間がかかります。注意。

日々の宝物たち(2021年8月)

ある日のわたしと、かれら。





女の子って、かわいいなあ。
男の子って、かわいいなああ。

ぐったりするし、げんなりするし、絶望だ!と思おうこともあるけど。
それと同じくらいめんこくて、救われて、優しい気持ちをくれる人たち。

わたしの宝物なのです。


おまけ。
彼を乳幼児だととらえると、結構えらいじゃないか、そう思った日がありました。
多分、疲れていたのでしょう。

ハッピーバースデー(2021年8月)



いちひめが、五歳になった日に。

親の目にはこんな風に可愛いばかりに見えていますが、多分内側では、わたしには計り知れないもの。
理解できないもの。
理解されたくないことも、含んでいるんでしょうね。
人間だもんね。





多分、まだまだ増えます。

(最終更新:2021年10月)

コメント

タイトルとURLをコピーしました